ペニースケートボード新作2019販売

 

ニューモデルはペニーならではのマルチな色づかい

スケボーの中でもとりわけポップなカラーで際立つペニースケートボード。

2019年の新色第2弾!単色デッキをベースとしたクラッシックシリーズから「PUMP-T」登場。

ブルーのボードデッキをベースに、オレンジとイエローのマルチミックスなカラーリング。ペニーならではの鮮やかな色合いが、夏のワクワク感をより高めてくれますよ。

スケボーGETを考えて、「どれにしようかな…」 迷ってしまったら、まずは見た目の可愛いボードチョイスでもいかがでしょう?


ペニースケートボード 0PCL5 クラッシックシリーズ 22インチ PAMP-T

本体価格¥14,800+税

 

 

ペニー2019年おススメアイテム登場

少し「やんちゃ」な、人と違うペニーボードはいかがですか?

遊び心いっぱいの「シャークボンバー」柄がペニー グラフィックシリーズに新色として登場。

第二次大戦に活躍した戦闘機に描かれたシャーク ボンバー ペニー。

ペニーデッキ裏面にグラフィックを忠実に再現。デッキ表面は、薄いアースグリーンを使うことで、当時の戦闘機をより一層イメージさせてくれます。

カッコよくクルージングで乗りこなしたい方には、おススメなスケボー。


ペニースケートボード 0PGR3 グラフィックシリーズ 22インチ シャークボンバー

本体価格 ¥15,800+税

ペニースケートボード 1NGR4 27インチ シャークボンバー

本体価格 ¥16,800+税



ペニー 史上初、新色レトロカラー

ペニーシリーズの中でも不動の人気を誇る単色クラッシックシリーズ。

今回は、2011年ペニーブランド創設以降、初となるレトロ感たっぷりなカラーが登場。控えめながら個性あふれるモデル。

うすいブルーとうすいグリーンのボードデッキに、透明なクリアなウィール(タイヤ)を配色し抜群にカッコよく仕上げました。

この2種類のカラーは、それぞれお部屋のインテリアとしてもバッチリマッチ!


ペニースケートボード 0PCL5 クラッシックシリーズ 22インチ ICE / SAGE

各 本体価格 ¥14,800+税

ペニースケートボード 1NCL5 27インチ ICE / SAGE

各 本体価格 ¥15,800+税

 

 

 

やっぱり多彩なグラフィック

持ち運ぶだけでもワクワク楽しくなるペニースケートボード。そんなワクワク感を一層高めてくれる裏面のデッキグラフィック。

2019年おススメの新色は、リゾートテイスト満載!

中でも、蓄光デッキを使用した“ジャングル パーティー”は、一番人気!真夏のビーチへのアクセスにも最適なパートナーであること間違いなし!

少し大きめで初心者にも乗りやすい27インチで展開する “STRINGER”は、オシャレ感たっぷり。

1960年代のヴィンテージサーフボードをモチーフにしており、大人の遊び道具としてもおススメの逸品です。

洋服やインテリアにマッチするような自分らしいグラフィックをぜひ選んでみてください。

今年もハッピーなスケボーライフとなりますように~


ペニースケートボード 0PGR3 グラフィックシリーズ 22インチ
CRACKED DYE / JUNGLE PARTY / CHECKOUT / TAIL BLOCK / BROARD LEAF

各 本体価格 ¥15,800+税

ペニースケートボード 1NGR4 グラフィックシリーズ 27インチ
CRACKED DYE / JUNGLE PARTY / STRINGER

各 本体価格 ¥16,800+税



アンディーデイビス & ペニースケートボード

近代サーフアーティストの代表各となる“アンディーデイビス”。

サーファーを独特な世界観で描く彼のアートに魅了される方は数知れず…

日本でも積極的に活動しており、毎年横浜で開催されるグリーンルームフェスティバルにて来日するなど、多くのファンを魅了しています。

2019年、ペニースケートボードは、彼とコラボレーション。

22インチに描いた、浮輪に入った陽気なおじさんが手を挙げている “CHUCK SHAKA”は彼の代表作。

27インチに施された、黄色のボードで波に乗るグラフィック“DRIFT”。

もちろん、クルージングとしても使っていただきたいのですが、出来れば家のリビングに飾っていただきたい程のおススメアイテム。


ペニースケートボード 0PGR3 グラフィックシリーズ 22インチ CHUCK SHAKA

本体価格 ¥15,800+税

ペニースケートボード 1NGR4 グラフィックシリーズ 27インチ DRIFT / CAPS

本体価格 ¥16,800+税

 

 

 

 

Penny Skateboards ブランドヒストリー

~ ペニーの誕生の原点は、父親からのプレゼント ~

ペニースケートボードは、オーストラリアのブリスベン出身の創設者ベン・マッケイが2010年に自分の原点でもあるプラスチック製のスケートボードを最高品質で作りたいと思い立ったことにより誕生しました。

そんな彼が一番最初に手にしたスケートボードは、5歳のときに父親に買ってもらったプラスチック製のボード。

これをきっかけに、彼はスケートボードの世界にのめりこみました。彼のスケートボードへの情熱は、スケートボードを仕事とするためにスケートボードメーカーに入るほどでした。

12年のボード開発者としてキャリアを積み重ねたある時、1970年代に流行したプラスチック製スケートボードを今のテクノロジーを生かしてレプリカ版を作ることを発想。

その後、ペニースケートボードとして、オーストラリアで発売。

すると瞬く間に国内だけでなく、アメリカやヨーロッパなどで大ブレーク。

2011年に日本に入ってくると、そのカラーリングと持ち運びしやすい軽さが、ファッションに敏感な若者を中心に話題を呼び、今ではクルージングボードの代表各となりました。

 

新作の販売店

上記でご紹介した新作のペニースケートボードは、当公式ペニー通販サイトでご購入いただけます。是非チェックしてみてくださいね。

 

--